マイホームは思い通りにしたい!そんな人には注文住宅がオススメ

理想の家を建てよう!

自分の思った通りの家を建てたいなら、注文住宅がおすすめです。注文住宅は、その名の通り住宅建築を注文するタイプの商品なので、予算が許すなら「理想の家」を建てられますよ。可能であれば、自分で設計図を用意してもかまいません。しかし現実にはオリジナルの設計図を用意するのはハードルが高いので、注文住宅のメーカーが用意している設計図を部分的にカスタマイズするのが一般的です。カスタマイズは広範囲に可能で、外壁の色や床材の変更(フローリングか畳か)はまったく問題ありません。間取りの変更も当然可能です。住宅設計に慣れている人はあまり多くないので、住宅メーカーのスタッフと相談を重ねましょう。スタッフは経験豊富ですから、予算に合わせて適切なカスタマイズを推奨してくれます。

予算は明確にしておこう

注文住宅は自分好みにカスタマイズできるところが最大のメリットです。しかし、理想を追い求めて大規模にカスタマイズすると、予算がいくらあっても足りなくなる可能性もあります。そこで、住宅購入の費用としていくら用意できそうなのか、メーカーと契約する前に明確にしておきましょう。予算を明確にしておけば、カスタマイズの優先順位をつけやすくなります。もうひとつ気をつけたいことは、建築後のリフォームです。完成から時間が経過した住宅は、多かれ少なかれ傷みが発生します。また、家族の高齢化に対応した工事が必要になるかもしれません。こうしたリフォームに一定の金額が必要になることを想定して、新築時の予算を抑えておくのもひとつの方法です。

建築デザインの資格をもっていると家やお店の内装のデザインや外装のデザインができるようになり、専門学校でも学ぶことができます。